うどん屋らしい店舗デザインに生まれ変わり上々のスタート

リフレッシュした雰囲気となりました

お洒落な雰囲気から落ち着きと上質感を得られるように変えたい : リフレッシュした雰囲気となりました : これからも地域に愛されるうどん屋を目指してがんばります

「これがいい!」と直感的に思い、総費用の見積もりを確認すると、自分の考えていた予算内に十分に収まりそうだということで、そのプランを提案してくれた店舗デザイン会社とともに、新しいうどん屋の実現に向けてのプロジェクトがスタートしました。
自分がプランのイメージを見て気に入った点は、内装の雰囲気です。
元の店舗のイメージを上手に残しつつ、ところどころに和のエッセンスが散りばめられている和洋折衷的なモダンなデザインで、従来ありそうないかにも和風であるという雰囲気とはちょっと違いました。
購入する前に喫茶店として営業していたときには、近くに住む方を中心に常連の多くのお客さんに愛されていた店ということもあって、その時のお客さんも気軽に入っていただけて利用してもらえるように、以前の温かみのある雰囲気を感じさせる店舗デザインです。
一部の壁紙やドアなどの建具は別のコーナーに使用するなど、リユースする部品もあって、エコの観点からも好ましいと感じました。
全体的には、あえて小上がりのコーナーを作らずにカウンターとテーブル席を配置して広々とした空間を確保し、フロアと壁面はナチュラルカラーを基本とすること、カウンターのある一面はアクセントカラーで引き締めるということなど、メリハリのある店内としました。
外装に関しても、ひと目でうどん屋だとわかるような店舗デザインを取り入れながらも、改装前の雰囲気も残しながらリフォームをすることとしました。
出入り口のドアを間口を有効に使える引き戸に変更し、上げ下げ窓の周りを木枠で囲みレトロモダンを感じさせるデザインにしました。
外壁はモルタルを補修して明るいオリーブグリーンに仕上げ、屋根の瓦の塗装も鮮やかなブルーとしてリフレッシュした雰囲気となりました。